災害から家族を守る

災害に強い家ってどんな家だろう?

地震などの様々な災害に耐久性の高い家。それも、出来るだけ永く。そのために最も大切なのは、家の基礎と構造です。

Benestyleではすべての家に「ベタ基礎」を採用。家の底板一面を鉄筋コンクリートで支え、家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。また、地面をコンクリートで覆うので地面から上がってくる湿気を防ぎ、シロアリの侵入も防ぎます。

また、構造に使用するのは天然の無垢材。無垢材を構造に用いた建築物は、歴史ある神社仏閣等の木造建築でも明らかなように、数百年にもおよぶ頑強さを証明しています。

私たちの使用する柱・梁・桁・土台・大引など全ての構造材は、含水率を20%以下にした良質の乾燥材だけを使います。各部材はコンピュータ制御で工場生産された制度の高いプレカット材。確かな素材選定と先進のテクノロジーにより構造部分の強度と精度をさらに高めていきます。

安定した構造を実現する基礎

家を建てる土地に、住宅を支える力を調べる「地盤調査」を行います。その上で構造計算に基づいて設計した「ベタ基礎」をご提案します。ベタ基礎とは、家の底板一面を鉄筋コンクリートで支え、家の荷重を底板全体で受け止め、面で支えます。

必要に応じた地盤補強を実施

「地盤調査」の結果、軟弱な地盤だった場合は地盤補強を行います。確かな地盤調査試験を行った上で、必要な場合にのみ、必要な内容の地盤補強を行います。そのため、過少に考えて地盤沈下が起こったり、過剰な地盤補強でコストがムダにかかるなどの心配がありません。

無垢材を活かす「伝統木軸組工法」

無垢の素材は取り扱いが非常に難しいため、腕の良い大工さんが必要になります。Benestyleでは、古民家の再生や数寄屋建築を施工出来る確かな腕を持った大工により、素材の良さを最大限に活かす伝統木軸組工法を採用し、非の打ち所のない美しい仕上がりを実現できます。

「伝統木軸組工法」の短所

「伝統木軸組工法」にはいくつかの短所もあります。

①現代のコンクリート基礎と相性が悪い。
②大工さん個々の技術力で構造の強度に差が出てしまう。
③伝統工法の強さに対する評価が難しいために、申請を通すことが困難となった。
④木加工が手加工のため余分なコストがかかってしまう。

強靭な耐震性を発揮する「接合金物」

わたしたちは接合部分に「ホールダウン金物」を採用しています。基礎・土台・柱を連結させるためのステンレス製の耐震金物です。地震時や台風時に柱が土台や梁から抜けるのを防ぎ、伝統軸組工法の短所を解決します。

耐震の考え方

わたしたちの身近で起こる災害の中で、家を建てるときに最も気になるものといえばやはり「地震」でしょう。阪神大震災や東日本大震災のような大地震でも建物が倒壊しないよう、建築基準法は大地震のたびに見直されています。現在では1981年6月に改正された新耐震基準で極めてまれに起こる大地震でも倒壊しないことが前提になりました。

Benestyleが採用する伝統木軸組工法は地震に強いのでしょうか?弱いのでしょうか?

結論は他の工法の住宅に比べ地震に弱いということはありません。

これは、単に伝統に基づいて「歴史ある建物はずっと残っているから強い」という理由だけではありません。阪神大震災を大きな教訓として大幅な法改正が行われ、地震にも安心な建物となっています。この工法の耐震性の要は、耐力壁の量とバランスの良い配置、そして柱の接合金物の3つを法律で定められた方法で確実に設けることにあります。

わたしたちは、伝統的なノウハウと、最新の技術・法律に基づいた設計で耐震性能を充実させています。

Pocket



Bene style ::有限会社原建築